ABOUT POLEWARDS Vol.3〜真似できないザンターオリジナル良い羽毛とは〜

2017.10.23 | NEWS

<前回の記事> vol.2〜羽毛へのこだわり 純・日本製の羽毛『GDD 90T』〜

POLEWARDSのダウンに使われているザンターオリジナルの羽毛は、
原毛輸入から精毛、縫製まで一貫した管理体制により優れた製品を生み出しています。
羽毛は、自然のエアーコンディショナーとして、どんな悪条件の下でも最高の保温性を発揮します。
なかでも水鳥のガチョウ類の胸毛(ダウン)が毛足も長く、空気を多量に含むため、
保温材としては最良とされています。ですから、ダウンの配合率が高い程、軽く、嵩高性が高く、
保温力に富みます。しかし、同じダウンでも、その鳥種、棲息地、季節により大きな品質の優劣を生じます。
一般に中国、北欧の寒冷地の冬鳥が優良とされています。また、精毛過程はとても重要で、
原毛の脱脂と洗浄が羽毛の良否を決めるポイントになります。

※こちらの機械は風の力を利用し、ダウン毛の種類を分けている様子です。

<次の記事へ>VOl.4〜ザンターオリジナルの徹底した管理体制〜

LINEで送る