荻田氏が語る!「やるなら職人気質な、ザンターさんのような会社と」

2017.11.06 | NEWS

<前の記事> 荻田氏が語る!「未知への挑戦、すべては頂点に挑むために」

荻田氏の南極冒険を遡ること60年。
1957年1月、日本で初めて南極大陸に到達した第1次南極観測隊に、
羽毛装備を提供した会社がポールワーズを手掛けているザンターです。
ザンターは日本初のダウンウエアメーカーであり、荻田氏が着用するアウトドアウエア「ポールワーズ」を、
現在も南極観測隊へ提供し続けているダウンウエアのパイオニアです。

ザンターの常務取締役である苗加博治氏は「荻田さんとの出会いは、
ポールワーズ自身を新しい冒険に出発する大きな転換点だった」
と語っています。

荻田氏はポールワーズを初めて北極点無補給徒歩到達に挑戦した時から着用し、
その後「冒険の旅に改良点・修正点を教えてくれるパートナー」となりました。

そのリクエストには毎回、他の冒険者にはない驚きの発見があったそうです。

※北極冒険家 荻田泰永氏の詳しいインタビュー内容は
“groovin’ Issue”に掲載されています

<次の記事へ>荻田氏が語る!「冒険に持参するアウターはたった1着」

LINEで送る