DEALER

SITE UP

2017.07.31

LINEで送る

荻田氏コラム 「POLEWARDSで挑む南極点無補給単独徒歩到達」Vol.03〜ベンタイル素材の選択〜

ベンタイルを使用することにしたきっかけは、POLEWARDSの開発者から提案があったことだった。なぜいまあえてベンタイルに注目したかといえば、その高い透湿性にある。
私が長年にわたって北極を歩き、衣類でもっとも苦労するのが「汗の処理」である。アウトドアウェアで一般的に用いられる防水透湿素材では、極寒冷地においては汗が透湿発散する前にすべてがジャケット内で凍結してしまう。ミドルウェアが汗で凍りつき、それが身体を冷やす要因になり、またその汗をテント内で溶かして乾燥させるために余計な燃料を消費することとなる。日々の燃料消費が少しずつ増えるだけでも、2ヶ月に及ぶ冒険行となると結果的に多くの燃料を運搬することとなってしまうのだ。
一方、コットン素材で通常の防水透湿素材よりも透湿性が高く、生地自体が汗を吸って発散するベンタイルであれば、これまで悩まされていたジャケット内の汗の凍結をより抑えられるのではと考えた。3月の北極でのトレーニングにおいてベンタイルジャケットを試したところ、これまで使用していた化学繊維のものよりも汗を発散できている感触を得た。高密度に織り込んだ素材のために、防風性もある。

 <Vol.02に戻る     Vol.04に続く

SITE UP

2017.07.25

LINEで送る

荻田氏コラム 「POLEWARDSで挑む南極点無補給単独徒歩到達」Vol.02〜挑戦〜

そしていま、私の大きな目標は2017年末に計画している「南極点無補給単独徒歩到達」である。POLEWARDSのロゴにも描かれ、南極観測隊で磨かれた「POLEWARDS原点の地」とも言える南極に挑戦する。
計画では、南極大陸の海岸線に当たるヘラクレス入江という場所から南極点まで、1130kmを一人でソリを引きながら踏破する。途中では食料などの物資再補給を受けることなく、自分の力だけを頼りに55日ほどかけて南極点到達を目指す。南極の内陸部は、数十万年かけて雪が厚く堆積することで氷となった「氷床」に覆われており、南極点も標高2800mを超える。つまり、標高0mの海岸線から2800mの高地までを登っていかなければならない。1130kmの長距離に加え、南極点まで続く登り坂という環境で身体的な消耗は計り知れない。そのような環境において自分の命を預ける衣類は、もっとも重要な装備品であると言っても良いだろう。
2017年3月、私は南極点挑戦に向けたトレーニングと装備テストのためにカナダ北極圏を訪れていた。そこに持ち込んだPOLEWARDSの新型ジャケットは、ベンタイルを用いた北極仕様のウェアだった。ベンタイルとは、コットンを高密度に織り上げた100%天然素材の生地であり、従来のアウトドアウェアで使用される化学繊維の防水透湿素材とは一線を画すものだ。
そもそもベンタイルとは、戦闘機のパイロットが冷たい海に不時着した時にも救助が来るまで水の侵入を防ぎつつ、それでいて通気性と透湿性を得られるような衣類として開発された生地だ。当時まだ化学繊維の防水透湿素材が存在しなかった時代に多く使用された。

 <Vol.01に戻る     Vol.03に続く>

SITE UP

2017.07.24

LINEで送る

先日行われた、荻田氏のインタビューが掲載されたコヨーテが発売されました!過酷な北極での冒険について、非常に詳しく語られています。
さらに!プレゼント企画ではPOLEWARDSのレインウェアがラインナップ!
是非CHECKしてみてくださいね!

SITE UP

2017.07.19

LINEで送る

荻田氏コラム 「POLEWARDSで挑む南極点無補給単独徒歩到達」Vol.01〜はじまり〜

今年の11月、「南極点無補給単独徒歩到達」を計画している荻田泰永氏によるコラムを、掲載致します。
1130kmにも及ぶ氷の世界を、物資の補給を受けることなく、自分の力だけで踏破する。想像を絶するほどに、過酷な挑戦です。
「南極点無補給単独徒歩到達」計画の内容、3月にトレーニングで訪れたカナダ北極圏で苦労した点、今なぜあえてベンタイルジャケットを選んだのかなど、多義にわたる内容を率直に書き下ろした独占コラム。全ての登山家へ贈る、血液の通った言葉たち。ぜひご一読ください。

私とPOLEWARDSの出会いは、2014年に2度目の北極点挑戦を行う少し前のことだった。
知人を介して、南極観測隊の越冬服を第一次隊から手がけているメーカーがあると聞かされ、その実績に興味を惹かれて会ってみることにした。
実際に話を聞いてみると、これまでには南極観測隊だけでなく植村直己をはじめとして数々の海外登山遠征にダウンジャケットを供給しており、日本が世界初登頂をした唯一の8000m峰である1956年のマナスル登山隊にもダウンジャケットを製作していたという。一気に興味が湧いてきた私は、自分の極地遠征のウェアをサポートしてもらうにはPOLEWARDSだなと直感した。
そこから私の北極遠征でのウェアの開発などをお願いすることとなり、昨年のカナダ〜グリーンランドの徒歩遠征は完全北極仕様の特注ウェアで挑戦し、無事にルート世界初踏破という成功を収めることができた。

Vol.02に続く>

SITE UP

2017.07.18

LINEで送る

日本人で唯一、模擬火星有人探査計画「MA160」に選抜され、
先日訓練の為、日本を出発した、村上祐資氏から貴重なメッセージが届きました!

ーーーーーーーーーーー以下村上氏メッセージーーーーーーーーーーー
僕は今レゾリュートにおります。
目的地の模擬火星基地があるデヴォン島が、雪解けの遅れのため
ランディングができず、こちらに待機しております。
きっとあち5日間ほどは動けないかと思います。

さてレゾリュート村を望む丘の上より撮影した写真を何枚かお送り
させていただきますので、宜しくお願い致します。

村上祐資
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

村上氏頑張ってください!
POLEWARDSのジャケットを着用いただいております。

SITE UP

2017.07.13

LINEで送る

本格的な夏が到来!アウトドアが楽しい季節がやってきました!
POLEWARDSでは日頃の皆様への感謝を込めて豪華プレゼントキャンペーンを実施いたします!
A賞はなんと!日本が誇る世界自然遺産自然「屋久島2泊3日の旅へご招待」!!
一生に一度は見ておきたい美しい自然は必見です!

▼応募方法は簡単!
POLEWARDSのFacebookページに「いいね!」
②この投稿のコメント欄に
「欲しい商品」を投稿してください。
(例:A賞 日程①)(例:B賞 メンズ)
※A賞をご希望の方は下記日程の中より、ご希望の日程もご記載ください。
※B賞をご希望の方はメンズ・レディスよりご希望の商品をご記載ください。
※当選者にPOLEWARDSのオフィシャルFacebookページからメッセージにてご連絡をいたしますので、必ずコメントを残していただきますようお願いいたします。

▼プレゼント賞品
A賞 屋久島2泊3日の旅 1組(2様)
【日程】
(1) 11月8日(水)~11月10(金)
(2) 11月14日(火)~11月16日(木)
(3) 11月15日(水)~11月17日(金)
※お客様のご希望の日程、宿泊施設等に沿えない場合もございますので予めご了承くださいませ。
B賞 バックパック(メンズ・レディス) 各1名様
C賞 オリジナルストレッチタオル 30名様

プラン詳細・注意点は下記よりご確認ください。
http://www.polewards.com/1461/

▼応募締切
2017年8月13日(日)23:59
▼応募資格
日本国内にお住まいの方で、かつ賞品のお届け先が日本国内の方に限らせていただきます。
▼当選発表と連絡方法について
①応募期間終了後、当選者にのみPOLEWARDS公式Facebookアカウントよりメッセージをお送りいたします。
②当選メッセージをご確認いただきましたら、返信を持って当選完了とさせていただきます。
※個人情報設定より「受信箱にメッセージを受け取る人」の範囲を基本フィルタに設定してください。
▼注意事項
・返信期間内に当選メッセージに返信をいただけなかった場合は当選を辞退したとみなし、賞品発送はできかねますのでご注意ください。
・賞品の発送は日本国内のみに限らせていただきます。
・当落についてのお問合せはお受けできません。
▼その他
・本キャンペーンはFacebook社の提供・協賛によるものではありません。
・お預かりした個人情報は、景品の発送、個人を特定しない統計的情報の形で利用させていただきます。
沢山のご応募お待ちいたしております!!

SITE UP

2017.07.13

LINEで送る

【フライト詳細】
下記空港でのフライトよりお選びいただけます。
※各空港への交通費はお客様ご負担となります。
予めご了承ください。

●東京<羽田>
(1) 2017年 11月8日(水)~11月10(金)
(2) 2017年 11月14日(火)~11月16日(木)
(3) 2017年 11月15日(水)~11月17日(金)
※お客様のご希望の日程、宿泊施設等に沿えない場合もございますので予めご了承くださいませ。

新千歳発着 : ( 羽田 乗継 鹿児島 行き)
行き: ANA50便 (新千歳0730ごろ~羽田0905ごろ)  
   ⇒ ANA621便 (羽田0940ごろ~鹿児島1135ごろ)
戻り: ANA626便 (鹿児島1435ごろ~羽田1610ごろ)
   ⇒ ANA73便 (羽田1700ごろ~新千歳1830ごろ)

●大阪<ANA伊丹発着>
行き: ANA541便 (伊丹0725ごろ~鹿児島0835ごろ)  
   または ANA1151便 (伊丹0810ごろ~鹿児島0920ごろ)
   または ANA543便 (伊丹0945ごろ~鹿児島1055ごろ)
   または ANA1153便 (伊丹0950ごろ~鹿児島1100ごろ)

戻り: ANA548便 (鹿児島1450ごろ~伊丹1610ごろ)
または ANA550便 (鹿児島1700ごろ~伊丹1810ごろ)
または ANA552便 (鹿児島1845ごろ~伊丹1955ごろ)
※基本フライト:往路/ANA541 復路/ANA548

●名古屋中部

行き: ANA351便 (中部0810ごろ~鹿児島0930ごろ)  ※ANA1191便(0850ごろ発)はツアー運賃設定なし
戻り: ANA358便 (鹿児島1650ごろ~中部1815ごろ)
または ANA360便 (鹿児島2025ごろ~中部2140ごろ)
※基本フライト:往路/ANA351 復路/ANA358

【ホテル詳細】
田代別館(1室2名様)
http://www.tashirobekkan.co.jp/
アクセス:宮之浦港から白谷雲水峡行路線バスで約5分「小原町バス停」下車
食事:朝・夕2食付き

【現地スケジュール】
1日目 フリー
2日目 現地ガイドによる屋久島ツアー
3日目 フリー

【保証】
安心の欠航補償付
往路または復路の悪天候時の高速船欠航に伴う、
宿泊延泊代金1泊分はいただきません。
※ホテルまではお客様各自移動となり、交通機関をご利用の際の費用はお客様各自負担となります。
※お客様がご乗船予定であった高速船が、悪天候理由(台風、濃霧など)により、欠航になった当
日1泊のみが対象となり、機材繰りによる欠航等は対象外となります。
※高速船欠航時のホテルのご案内はH.I.S.にて行います。宿泊手配ご希望のお客様は必ず
H.I.S.様へご連絡お願いいたします
※食事は付きません。予めご了承下さい。