HISTORY

1951
東洋羽毛工業株式会社(羽毛ふとん製造・販売・羽毛精毛)のウェア部門(ザンター部)として発足。登山用羽毛服、羽毛のシュラフなどを日本で初めて開発、日本山岳会マナスル登山隊と共同で研究し、厳冬のマナスル登山で実証。
1952
エベレスト登山隊に羽毛服、シュラフを納入。
1953
(~1956)第1次~第3次マナスル遠征隊に羽毛服、シュラフを納入。
1956
(~2013)第1次~第55次南極観測隊の羽毛装備を担当。
(~現在)登山ブームを背景に日本国内の登山隊の海外遠征が相次ぎ、その羽毛装備を担当。
1973
東洋羽毛工業株式会社より、ウェアグッズ部門を分離独立し、「株式会社ザンター」として会社設立。アウトドア、ヘビーデューティウェアを中心に登山専門店、スポーツ店、釣具店等を通して、全国販売を開始。
1976
羽毛ウェアを一般消費者向けにするため、本格的に紳士、婦人、子供用羽毛製品を企画開発。
同時に販売代理店網を拡げ、全国展開を行う。
1981
ポールワーズ(アウトドアスポーツ)、ラプルマ(レディースウェア)、オルニス(メンズウェア)の新ブランドを発表。
1982
日本羽毛協会の設立に際し、羽毛品質基準委員として加入する。
1987
高級化を図った新ブランド「プルマダム」「タンザガルノ」及びルームウェア、インナー類を一括した「フェザーン」を新ブランドとして発表。