雪山登山に潜むホワイトアウトの危険性

COLUMN | 2023.02.06

雪山登山を計画するうえで、ホワイトアウトの危険性を理解し対策をとっておかなければなりません。しかし、そもそもホワイトアウトがどのような現象なのか、把握しきれていない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はホワイトアウトについて、発生する原因や登山時の危険性および事前に準備すべきことを説明します。

1 そもそもホワイトアウトとは

1-1 ホワイトアウトとは

ホワイトアウトは風と雪により視界が覆われ、一面真っ白になった状態のことです。一瞬にして方向や地形が判断できなくなることから「白い闇」とも言われている程。

吹雪とは異なり、強風で雪が舞い上げられた状態もホワイトアウトに該当します。強風が発生している際の雪山で多くみられ、後ほど触れる様々な危険性に繋がる現象です。

1-2 ホワイトアウトが発生する原因

ホワイトアウトが発生する原因は様々で、大きく暴風雪や暴風雨、地吹雪、濃い霧の3つ。雪粒が結合しにくく水分が完全に凍って雪が移動しやすい-2℃未満の低温下で、なおかつ強風時に発生しやすくなります。

ただし、風が弱く気温が高くても雪片が大きなボタン雪がたくさん降ると、雪片に視界が遮られてホワイトアウトが起こることも少なくありません。そのため気温が高くて風が弱くても油断は禁物です。

また降り積もった雪が強い風によって巻き上げられる、地吹雪によって起こるホワイトアウトは晴天でも発生することも覚えておきましょう。

2 ホワイトアウトによる登山時の危険性

ホワイトアウトの発生には、以下の危険性が伴います。

  • 視界が奪われる
  • 目的を見失う
  • 足跡が消えてしまう
  • 平衡感覚がなくなる

雪山登山を計画するうえでは、ホワイトアウトによる危険性について把握しておくことは必須です。ここで紹介する危険性を理解したうえで雪山登山に挑戦しましょう。

2-1 視界が奪われる

雪が舞い上がることで、視界全体が真っ白に覆われてしまいます。強風も伴い、目も開けられない状態になるでしょう。

数メートル先ですら見えなくなるため、一人の状態でホワイトアウトに見舞われると一瞬でパニックを引き起こしてしまいます。

2-2 目的を見失う

ホワイトアウトになると目の前も見えなくなるため、発生前に設定してた目的地を見失ってしまいます。

人間の習性上、目標物がない状態だと同じ場所を回り続ける「リングワンデルング」を引き起こします。そのため、いつまでも目的地に辿り着けず、雪や風で視界と体力が奪われ続けてしまうでしょう。

2-3 足跡が消えてしまう

強風と雪により、先を歩く人の足跡が消えてしまいます。

足元の目印が消えてしまうことで、進む方向を見失いやすくなるのがホワイトアウトの特徴であり、危険なところです。また、自分が進んできた足跡も消えてしまうため、来た道に戻ることも困難になります。

2-4 平衡感覚がなくなる

足元が見えなくなるほどのホワイトアウトでは、平衡感覚すら失われてしまいます。立っているのかどうかも自覚できないような、不思議な感覚に囚われてしまうでしょう。

視界も奪われ、目的も見失っている状態であるため、登山を続けることは非常に危険です。

3 ホワイトアウトへの3つの備え

雪山の登山で起こりうるホワイトアウト。遭遇してしまう前に事前の準備が大切です。

ここでは、ホワイトアウトに遭遇する前にしておくべき準備を紹介します。

3-1 雪がない状態の登山コースを把握しておく

雪山に初めて登る予定がある方は、事前に無積雪期に登山をしておくといいでしょう。

地形やルートを把握し、危険なポイントなど積雪をイメージしながら登ります。

その際に、万が一ホワイトアウトなど危険な状況になったら、避難できるビバークポイントもチェックしておきましょう。

ビバークについて詳しく知りたい方はコチラをご覧ください。

3-2 地図の読み方、コンパスの使い方を身につけておく

雪山登山では紙の地図を持参し、コンパスの使い方を身につけておく必要があります。

山の天候は変わりやすく、さっきまで晴れていたのに気づいたら天候が悪化しホワイトアウトになることもしばしば。

このような状況下では、当然ながら簡単にスマホを使うことはできません。

悪天候の雪山ではグローブを外し、スマホを操作してしまうと凍傷の危険もあり注意が必要です。またスマホのバッテリーは低温化に弱く、起動しなくなることも覚えておきましょう。

あらかじめ、紙の地図にルートを作成しコンパスを使う技術が求められます。

他の方のトレースに頼ることなく、突然の天候の変化でも目的地を見失わないよう「ホワイトアウトナビゲーション」を作成し、使えるよう練習しておくことが大切。

最近では登山用GPSやGPSウォッチなどのアイテムが提供されているので、備えておくと安心です。

3-3 雪山登山における経験と知識、体力作り

ホワイトアウトは森林限界を超えた標高になると、完全に真っ白になり身動きが困難になります。

そのため標高が低い山の雪山や、樹林帯中心の山で経験を積むといいでしょう。

登山の中でも雪山は経験や知識、体力を必要です。ホワイトアウトなどの危険な目に遭ったとしても、慌てることなく対処できるように練習を重ねましょう。

4 ホワイトアウトになった場合の対応策

ホワイトアウトの危険性を理解したとしても、当日になってみないと発生するかどうかすら分かりません。ここで紹介する、ホワイトアウト発生時の対応策を覚えておきましょう。

まず、視界が奪われてしまったら、そこから動かないようにしてください。ホワイトアウトは、一時的で長時間続かない場合もあります。風と雪が収まるまでその場に待機し、現在地を見失わないようにしましょう。

ホワイトアウトが収まらず、長時間待機することになりそうであれば、体温を落とさない工夫も必要です。長時間動かないままでいると、人間の体温はあっという間に下がってしまいます。スコップで穴を掘るなど、その場で動くことで体温を取り戻せます。

またホワイトアウトが発生すると、どんなベテランでもパニックに陥ってしまうでしょう。ホワイトアウトが発生しただけでは、命に危険は及びません。慌てて行動し、現在地や目的地を見失うことが命の危険につながります。ホワイトアウトが発生しても決して慌てず、冷静に行動しましょう。

山の天候は変わりやすいため、危険性を知るのと同様、遭遇してしまった場合の対策を覚えておくことが非常に大切です。

5 ホワイトアウトの危険は日常生活にも

ホワイトアウトは登山だけでなく、雪国では日常生活でも発生する自然現象として知られています。

例えば積雪が多い地域で車を運転していると、強風で地吹雪が起こってホワイトアウトが発生することがあります。登山と同様、運転し続けることは困難になるため立ち往生せざるを得ません。

万が一運転中にホワイトアウトが発生した場合は、冷静に電話で救助を要請しましょう。もし運転し続ける場合は、ヘッドライトやハザードランプをつけてゆっくり運転してください。

また、通勤時や登校時など、強風でホワイトアウトが発生することもあります。こちらも登山時同様、パニックにならず冷静に引き返してください。

とはいえ雪国では、ホワイトアウトが発生するほどの強風時には外出が制限されます。あくまで外出中にホワイトアウトが発生した場合の対処法として念頭に置いてください。

ホワイトアウトの危険を理解し、安全な登山を

今回は、雪山登山時の対策として覚えておきたいホワイトアウトの危険性について触れてきました。ホワイトアウトは、雪国でも日常的に発生することもあり、雪山登山でも発生頻度の高い現象といえます。

今回紹介した対策を覚えておかないと、登山中にホワイトアウトが発生した場合に対応することが難しくなります。

雪山登山を控えている方は、まずは経験と知識、登山における体力作りが必要です。万が一、ホワイトアウトに遭遇しても冷静に対処できるよう対策を講じていきましょう。

LINEで送る

一覧へ戻る